おまとめローン申し込みなら

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

引用:主婦おまとめローンできる?パートOK?【兼業主婦審査通らない?】

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。