住宅ローン借換は一つのチャンス?

住宅ローンの借換をする人の多くは、今までの住宅ローンが気に入らないという人です。
金利低下で借換をする人が増加しているという点もありますが、多少の金利低下であれば、わざわざ面倒な手続きをする人は多くありません。
根っこの部分には、今までの銀行に対する不満が蓄積されており、その不満が金利低下による要因によって浮き上がってきたのが現実でしょう。
しかし、住宅ローンの借換は1つのチャンスだと思った方がいいです。
住宅ローンの借換をすることで、毎月の返済額が減少することが多く、家計の負担が少なくなるのです。
もちろん家計節約は必須であり、家計費の余剰部分は繰上返済することが大切です。
そのために繰上返済手数料がゼロの銀行を探すことが大切になります。
フラット35への借り換え 【固定金利で安心したい方におすすめ】