ETCカード審査ゆるい?通りやすいおすすめは?クレジットカードの選び方とは?

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路をあまり利用しない方なら年会費無料のライフカードがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったお得なカードを探してください。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

クレカ会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由でクレカを作れないという状況でなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一体型ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でクレカ決済をしようとするとパーキングエリアで買い物をするときに一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生がクレカを作るのはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレヒスを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分をチェックしてカードを作りましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率を重視して選ぶようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、何も問題が発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

気づかぬままETCレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出てバーも開きません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

高速道路などの有料道を利用するときなどに割引が使えたり一般レーンと比べて料金所渋滞に引っかかりづらくお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードにしようと思ったら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがどのくらいの人が使っているのでしょうか。

NEXCO東日本が調べた利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが通常料金では約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

引用:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即時引き落としの方法にすると新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに機会を設置することになる「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できるので渋滞に巻き込まれにくいことや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。