フラット35の条件をまとめてみました

フラット35の条件をまとめてみましょう。
借り入れを申し込む人の条件は、日本国籍のひとであること、年齢が20歳以上70歳未満である事、年収400万円未満なら、返済額が収入の30%を超えない、年収400万円以上なら35%を超えない額を上限とするといったものがあります。
広く優良な住宅を普及させるという目的があるフラット35ですから、民間銀行で長期ローンを組むことが難しい場合でも比較的審査に通りやすいというイメージもあるようです。
9割融資と10割融資では金利がかなり変わってきますので、残り1割を金融機関から借り入れて対応するか、諸費用+1割にあたる貯金を作ってからフラット35を申し込むのがオススメです。
金利が9割融資1.
74%、10割融資2.
18%ほどの違いが出来る事があります。